掲示板、試験的に復活させてみました!!          




1    以前、このホームページでは、皆様から多様な法律上の問題を問題提起して頂き、皆様で議論しあおうというコンセプトの「コミュニティ広場」という掲示板を設置しておりました。
 今でも、そのご常連だった投稿者のご厚意により、「コミュニティ広場記念館」として、そこでの議論を確認できるようにしております(一部、記録が残されていない期間もあります。)。
 しかしその掲示板のコンセプトは必ずしも皆様のニーズと合致していたとはいえないようでした。初期の内は、無料の法律相談の場として利用しようという投稿ばかりが続いたり、やがてコンセプトが浸透してからは、限られた常連の方以外の投稿がほとんどないという状態に陥ってしまいました。そしてたまに常連でない方の投稿がある場合も、それが常連の方や管理人である私の投稿を一面的に批判するものであったり、ときには誹謗、中傷とも受け取れるような書き込みがされるときも少なくありませんでした。そのため掲示板の雰囲気がしばしばとげとげしいものとなってしまいました。私の弁護士(当時は他の法律事務所に所属する一弁護士でした)としての考え方を発信することで、私の弁護士としての人となりを理解してもらうためのホームページに、このようなとげとげしい議論がされる掲示板を設置することは却ってマイナスであると判断して、掲示板を閉鎖することにした次第です。
 しかし「コミュニティ広場」の失敗は、ホームページを検索してアクセスして頂く方とのニーズに合致していないからだったに違いありません。アクセスする方は、何らかの法律問題に悩み、どこか相談しやすい弁護士はいないのかと差し迫っている方がほとんどのはずです。そのような方々に、いろいろな法律の解釈や運用について第三者的に議論しあおうなどという気持ちのゆとりなどあるはずはなかったのです。
 そこで今回は、前回の反省を踏まえて、端的に無料で法律相談ができる場を提供してみようということにいたしました。題して「ネット内法律相談室」です。
 無料で法律相談ができる場も必要ではないのかと考えた理由としては、まず本当に相談料を負担してまで、法律事務所に法律相談に行くべきなのか、ただ単に時間の無駄、相談料の無駄に終わるのでないかと躊躇を感じられる方も少なくないのかもしれないと思ったからです。
 実際、一ヶ月くらい前には、「事件を引き受けてくれるならば法律相談に行きたいが、それが分からないなら、相談料が無駄になるかもしれないから見合わせたい。せめて電話で引き受けてくれるかどうか教えて頂けないだろうか。」等という電話がありました。結局、私は「電話だけでは実際にお引き受けするかどうかまでいずれにせよお答えできませんよ。」とお答えしましたが、結局、その方は、何が問題になっているのか、一言もお話しされることなく電話を切ってしまわれました。しかし、電話を受けた私としては、本当に切実な問題だったら・・・と後味の悪い思いが残りました。そのような躊躇のためにお引き受けできる、お引き受けすべき性質の案件までお引き受けする機会がなくなってしまうのは、当事務所としても残念なことです。そのようなことがないように、正式に法律相談を申し込まれる前段階として、ネット相談室をご活用されれば幸いと思います。
 逆に実際に法律相談に来られた方についても、実際には未だ問題に直面しているわけでもなく、直ちに対処する必要性が差し迫っていないが、「今後のために確認しておきたかった。」というような方々もおられました。そういう一般論的なことであれば、正に掲示板への投稿で事足りるのだと思います。
  さて、以上のような趣旨で、以前とは全くコンセプトを変えて新しく掲示板を立ち上げてみることにした次第ですが、何でも無料で法律相談ができるかというとそういうことではありません。当然のことながら、限界があります。
 絶対に一般論的なことしか論じることはできません。
 あくまでも実際に直面している現実の紛争がどのように落ち着くかはケース・バイ・ケースです。相手の主張にもよるわけですし、証拠の優劣にもよります。それを度外視して議論することは危険です。
 またネットですから、その紛争の相手方もその投稿を見るかもしれません。そうすると紛争の火に油を注ぐことにもなるかもしれませんし、なにしろ手の内をさらすことにもなります。その意味でも、「あっ、これは自分とあいつとのトラブルのことに違いない。」等と推測がつくほどに具体的に案件を紹介することはできないはずです。
 ですから、あくまでも個別具体的な案件について、解決を急ぐ必要があるというときには、直接、法律相談をお申し込み頂きたく思います。無料で法律相談ができる方がいいと安易に考えることなく、適宜、使い分けをして頂きたいと思います。
  また皆様にお願いもあります。自分でも「このような問題はこう考えている。」等というところがあれば、どうぞご遠慮なく書き込みをして下さい。 掲示板では「割り込み」として嫌われる傾向がありますが、これは歓迎です。投稿する方も敢えてメールや電話ではなく掲示板に投稿するのですから、第三者からいろいろなご意見が伝えられるということも歓迎して頂けることと存じます。
  最後に、あくまでも今回の試みは実験的なものです。
 「ネット内相談室」で閑古鳥が鳴き続けていたり、せっかく投稿がされて、詳しいことは法律相談を申し込むようにと促したにもかかわらず、法律相談の申し込みがされなかったりするようなことが続く場合には、早めに閉鎖をしようと考えていますのでご了承下さい。
 そしてしばらくの間は実験的なものですので、無料の掲示板を使います。そのため、皮肉にも当事務所とは関係のない他の法律事務所などのバナー広告が様々に表示されて見苦しいかもしれませんが、しばらくの間、ご容赦下さい。「ネット内法律相談室」が無事に軌道に乗ったとき、それらの広告が掲載されないように切り替えたいと思います。   



 筆 者 プロフィールへ        法連草一覧へ back